支援記録システム「SimpleCase」

〈支援記録業務サポート〉クラウド型

もっと簡単に!より手軽に!

SimpleCaseは、障がい者(児)福祉施設様/介護施設様向けの支援記録(ケース記録)システムです。 直感的にわかりやすい画面で、パソコンに不慣れな方でも簡単に操作できます。 日々の支援記録を一元管理できることはもちろん、施設内の情報共有も簡単に行うことができます。







※上記月額利用料は1サービスの利用料になります。
例:支援記録システムを生活介護、施設入所支援
2サービスでのご利用の場合 月額30,000円
例:支援記録システムと連絡帳アプリを生活介護
1サービスでのご利用の場合 月額25,000円



一括購入の場合


SimpleCase支援記録システム 420,000円(税別)

※2年目以降は年額120,000円(税別)の利用料が必要に
なります。
※1サービスでご利用した場合の価格になります。



SimpelCase連絡帳アプリ 260,000円(税別)

※2年目以降は年額60,000円(税別)の利用料が必要に
なります。
※1サービスでご利用した場合の価格になります。

※「IT導入補助金」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。


※Webフォームからのお問い合わせはこちら







連絡帳作成業務をもっとスマートに!

連絡帳アプリは、SimpleCaseと連携している保護者様向けアプリケーションです。 施設職員が入力したその日の支援記録の内容を、ボタン操作で簡単に連絡帳に転記できます。 管理者は、職員と保護者のやり取りをシステムからまとめて確認できるため、安心です。






  • 記録に特化

  • 初心者向け

  • 低価格

  • 無料お試し

シンプルケースをご体験ください

障がい者(児)福祉施設様、介護施設様 こんなことに
お困りではありませんか?

  • ケース記録の共有ができていない
  • ケース記録が簡単にデータとして抽出できず、有効活用
    できていない
  • ケース記録の転記や手書きの作業、振り返りに手間が
    かかる
  • パソコン操作に不慣れなスタッフが多くシステムの
    導入ができない
  • 紙の記録帳票管理が大変である
  • 既存使用システムは記録業務以外の機能が多く複雑で
    使いづらい
  • 既存記録システムの更新費用や月額料金が高額である
  • システム利用台数に制限があり、追加料金がかかる
  • 記録用パソコンのライセンス数が少なく、入力業務が
    不便である
  • 保護者との連絡業務に時間がかかっている

製品の特徴

  • 業務負担のかかるケース記録業務に特化
  • 情報共有ができ、申し送りも
    効率よくできる
  • 簡単な操作性、タブレット運用へも
    対応、音声入力も可能
  • 転記をなくし一括入力や定型文機能で
    入力時間を短縮できる
  • キーワード検索ができ、記録情報の
    参照・加工が可能
  • ライセンスフリーで利用台数に
    制限がない
  • クラウドだから即日導入、 即日
    運用ができる
  • 簡単なシステムなので現場に
    浸透しやすく管理者の負担も軽減
  • 導入前に体験版を無料で試せる
  • 連絡帳アプリを使用して保護者との
    連絡業務を効率化できる

導入事例

  • 社会福祉法人ももぞの学園様
    記録管理、申し送りについて、紙媒体、口頭で行っていた業務をシステム化することにより、確実性と効率性が向上しました。パソコンに不慣れだった職員も使いやすいと評判です。
  • 株式会社ぬか様
    シンプルなインターフェイスなので新たらしい利用者情報の入力や、設定の変更を直感的に行うことができます。利用されている方の気になる言葉、キュートだと思う仕草など、スタッフが主観的に感じた素敵な場面を「いとおかし」という項目を作り日々記録しています。
  • 社会福祉法人旭川荘わかば寮様
    福祉の仕事はその対象が児童・障害・高齢者など、分野が異なると必要となる情報や記録が違ってきます。その中で共通して必要であり、日頃の支援の状況を蓄積しているのがケース(個人)記録です。シンプルケースはどの分野の事業所でも、自然に使えるツールです。
  • 社会福祉法人四ツ葉会これから様
    日々の蓄積されたケース記録の情報を検索機能により簡単に振り返ることができるようになりました。
  • 社会福祉法人徳島県心身障害者福祉会様
    以前まで使用していた記録ソフトとは違い、シンプルで分かりやすく日々の記録も検索が出来る様になり何時どのようなことが起こったかが分かりやすくなりました。パソコンに慣れていない職員からも好評です。
  • 社会福祉法人こだま園
    各事業所がそれぞれの様式で支援記録を入力していたため、リアルタイムな情報共有ができていませんでした。導入後、特に日中活動とグループホームの間での情報共有が容易になり、利用者支援に役立っています。また、入力方法も単純明快で分かり易く、とても導入してよかったと感じています。

導入までの流れ

  • STEP01

    お問い合わせ

  • STEP02

    ID取得・マニュアル
    ダウンロード

  • STEP03

    無料の体験版で
    スタート

  • STEP04

    ご契約

お問い合わせ

シンプルケースをご体験ください